カードローンを申込むと電話がかかってくる理由とは?

消費者金融でカードローンを申し込む際に、申込書に記載した職場で実際に働いているかどうかを確認するために、職場に電話をかけるという手続きが行われます。

お金を借りる側にとって、消費者金融から会社に電話がかかってくることは大きな不安ではないでしょうか。なぜなら消費者金融から借金をしようとしていることが、会社にバレるかもしれないからです。

しかし消費者金融が会社に電話をかけることを、必要以上に警戒することはありません。申込書の内容通りに、職場に在籍していることさえ確認できればいいので、電話の内容はとても簡単なものです。

消費者金融からの電話であることがわからないように配慮して、金融会社の名前を出すことはなく、個人名などを名乗って、「○○さん(申込者の名前)をお願いします」と呼び出してもらうだけです。そうすると会社で電話に応対した人が、ただいま外出しております……などと答えてくれますから、これで在籍確認は完了です。

会社への在籍確認は消費者金融だけでなく、銀行やクレジットカード会社、保険会社などからもかかってきます。ですから、在籍確認の電話がかかってきても、クレジットカードを申し込んだのかな……と思われる程度で、借金の申込みと疑われる確率は非常に低いでしょう。

どうしても在籍確認の電話確認が気になるなら……

それでもどうしても気になる場合は、在籍確認の電話をかけないように相談してみましょう。確実に職場に在籍していることが証明できれば、在籍確認の電話をかけずに審査に通ることもあります。

しかし在籍確認を嫌がると、何かやましい理由があるのかな?と疑われて印象が悪くなり、審査に通りにくくなることもありますから注意しましょう。

このページの先頭へ