そもそも消費者金融とは?

個人がお金を借りる場所としてよく知られているのが銀行などの金融機関と、消費者金融です。消費者金融は、一体どのような事業を行っているのでしょうか。

消費者金融はサラリーマンなど個人ユーザーを対象に、無担保で融資を行う貸金業者です。お金を借りる際には、返済ができなかった場合の保険として不動産などの担保や保証人が必要となるのが一般的です。しかし消費者金融の場合は、無担保・保証人無しでお金を借りることができます。これが消費者金融の、最大の特徴といえるでしょう。

消費者金融をサラ金と呼ぶこともあります。消費者金融はもともと、サラリーマンを対象に事業をスタートさせたため、サラリーマンのための金融という意味で、サラ金と呼ばれるようになったとのことです。

個人でも手軽にお金を借りることができるのが消費者金融の魅力ですが、その代わり銀行などの金融機関に比べると金利が高めに設定されています。以前は消費者金融といえば、法律スレスレの高金利でお金を貸すことで知られていました。このため、消費者金融の借金を返済できない人が続出し、大きな社会問題となったほどです。

そこで現在では、貸金業法と利息制限法という法律が定められ、金利の上限が決められています。法律で定められている年利は、10万円未満の場合は20%以下、100万円未満の場合は18%以下、100万円以上では15%以下です。これよりも高い金利で融資をすると、刑事罰の対象となります。

法定上限金利よりも高い金利でお金を貸している業者は、いわゆるヤミ金と呼ばれる悪質業者です。消費者金融は事業を行う際に、都道府県に登録しなければいけません。消費者金融からお金を借りる際には、正規の届け出を行っている信用できる業者を利用することが大切です。

このページの先頭へ