金利が低い銀行カードローン

お金を借りる場合、金利を調べておくことはとても重要です。一般的に審査が厳しい銀行などの金融機関は金利が高めで、審査が比較的緩い消費者金融では金利が高めとなっています。ですから金利を少しでも低くするなら、銀行からお金を借りる方がお得です。

銀行では法人や個人に向けて、さまざまな融資を行っています。個人に対する融資で代表的なのはマイホームローンや教育ローンなど、使用目的が決まっている融資です。

しかしこのほかにも自由に使えるフリーローンや、金利が高めですが簡単な手続きで申し込めるカードローンも用意されています。急な出費でなるべく早くお金が必要場合は、銀行のカードローンがおすすめです。

24時間インターネットで申し込めるみずほ銀行カードローン

みずほ銀行のカードローンの場合、24時間インターネットで受け付けています。スマートフォンやパソコンから気軽に申し込めるのでとても便利です。

ただし、契約条件を満たしていないと申し込めないので注意しましょう。契約条件は年齢が20歳以上66歳未満で、継続して安定した収入のある人です。また、保証会社の審査に通らないと利用できません。

借入限度額は年収など経済状況によって異なりますが、10万円からの貸し出しで、最大限度額は800万円となります。

2018年時点の年利は、借入限度額が10万円~100万円未満で年14.0%。100万円~200万円未満で年12.0%。200万円~300万円未満で年9.0%です。以降は借入限度額が大きくなるほど金利が低くなりますが、その分審査は厳しくなります。

大手消費者金融の金利相場は100万円未満で8%~18%、100万円~300万円で8~15%程度です。初回の借り入れでは最高金利が適用されることが多いですから、銀行に比べて高めとなっています。しかし金利は高いですが、スピーディーな対応など、消費者金融ならではのメリットもあります。

このページの先頭へ