ブラックリストとはよく聞きますがどのようなものなのか明確に知っている人は少ないでしょう。ブラックリストとは、クレジットカードやカードローンの返済が滞ったとき等に、金融機関の個人信用情報に登録されてしまうことを言います。ブラックリストという名前は頻繁に聞きますが、曖昧なものではなくきちんと登録された、信用情報に不安がある人のことなのです。

ブラックリストで登録される人とは

ブラックリストに登録されるのは、さまざまなパターンで滞納をしてしまった場合です。たとえばクレジットカードの利用、ショッピングローンや住宅ローン、カードローンなどでも同じです。

クレジットカード経由でも現金でも、何かを滞納するとブラックリストに載ってしまいます。しかし数日滞納しただけではブラックリストには載らないので安心してください。基本的に、企業側からアクションを起こされてすぐに返済をしていれば、信用情報に傷がつくことはありません。何日も滞納をしていたり連絡をしても返答がなかったりするとブラックリストに載ってしまう可能性があります。

また、一度ブラックリストに掲載されると、5年から10年の間はブラックリストに載り続けてしまい、新しくカードローンを借りたりクレジットカードを作ることが出来なくなってしまう可能性があるので注意をしましょう。信用情報が掲載されている場所によって掲載年月は違うので、いつになったらブラックリストが解除されるのかどうかはわかりません。

近年で多い携帯電話の滞納

近年、クレジットカードやカードローンの利用履歴がなくてもブラックリストに残ってしまっている人がいます。知らない間にブラックリストに載ってしまい、いざクレジットカードを作ろう、カードローンを利用しよう、と思ったときに審査に落ちてしまう人がいるようです。

これは携帯電話やスマートフォンの料金を滞納してしまい、ブラックリストに載ってしまった可能性があります。 最近は携帯電話やスマートフォンの機種代金を分割払いにして、毎月の利用料を一緒に支払っている人が増えています。

毎月の利用料として払っているので分割払いという印象が薄いかもしれませんが、立派な分割払いです。そのため携帯電話やスマートフォンの支払いを滞納するとクレジットの履歴に傷がつき、滞納が続くとブラックリストに載ってしまう可能性があります。携帯電話、スマートフォンの機種代金分割も立派なクレジットです。忘れずに支払うようにしましょう。

このページの先頭へ